奈良 東吉野村 自然てんねんうまいもん。 杉ヶ瀬

sugigase.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 29日

庭の山で。。

b0110629_15315956.jpg

庭の山で茗荷が出だしております!ほんもの天然茗荷!香りが違います。
栽培物とは色が違います。この様に花が咲きます。茗荷の花です。

b0110629_15391350.jpg


蓼(たで)です。鮎の塩焼きによく付いているアレです!
米酢とあわせてピリッと大人の味の出来上がり!
色を良くする為にほうれん草を茹でた物や 粘度を出す為にご飯粒を一緒に擂ります。

b0110629_15403313.jpg

そして、たそがれラブです。あまりの暑さに。。。目が死んでいます。(笑)
耳が欠けているのは男の勲章!野良犬と戦い耳をかまれました。夜の出来事で朝起きてラブを見ると血まみれで。。。そのときの古傷です。

今日は日曜日で川遊び、鮎つりの人で東吉野も大賑わいでした!
夏はにぎやかな東吉野、近年道路も整備され南阪奈道路や京奈和道路が開通したおかげで
大阪市内から1時間半で東吉野まで到着します。
ゴミ問題など悪い事もありますが、自然を守り、この自然とともに生き、都会から訪れる多くの方にこの自然で疲れを癒してもらえればこれほど嬉しい事はありません。

村に残る若者も少なくなりましたが、残る若者はものすごく村を愛しています。
仕事を休んで川掃除など川や山を守るのも僕たちの大切な日課です。

確かに不便だけど、それ以上にいいとこがたくさんあります。
都会で商売をしたほうが儲かるかもしれませんが、ここ、東吉野だからできる事をしていきたい。この田舎でしか食べれないもの。それも飛びっきり新鮮なもん。

海の幸はありませんがそのうち裏の高見川にマグロが遡上したときは是非、大宴会でもしましょう!

今日のお客様は先日宿泊頂いたお客さんでした。
鮎がうまかったから今日は親父をつれてきてん!!またくるわなぁ~!!
そんな、アットホームな田舎の宿。懐かしい田舎のすべてが杉ヶ瀬にはあります。
気取らない純粋な田舎の夏、庭でセミを取り、川で泳ぎ、夕食は鮎尽くし。
夕暮れにはヒグラシが鳴き、瀬音がお部屋にも聞こえ、夜空には星が手に取るように現れる
そんな東吉野。今日も一日が終わろうとしております。
[PR]

by sugigase | 2007-07-29 16:08 | 自然


<< 東吉野 清流 ゆめあかり      夏鹿。。美味也。。 >>