2008年 10月 27日

松茸もそろそろ終わりです。。(^-^)

今年は関西も例年になく松茸が良く取れました。
10月の初旬より山々に松茸が出始めます。そして11月までおよそ1ヶ月、松茸の収穫を楽しむことができます。
その時期、その場所でしか取れない食材。しかも毎年決まった量が入荷するわけでもなく毎年変動します。

そんな吉野産松茸を今回は6名様にお召上がり頂きました。

奈良特産でもあります。大和肉鳥と吉野松茸のコラボレーションすき焼!

京都のかしわ料理で用いられた鶏肉が奈良県の「大和かしわ」で大正末期~昭和初期にかけて美味しい肉鶏の産地として名声を博してきました。

ところが終戦後衰退し、昭和30年代後半からブロイラーの輸入と大量生産にとってかわられましたが、かつての歯ごたえと旨味のある鶏肉をのぞむ消費者のニーズに対応するため、長い歴史を持つ大和かしわの復活が期待されたのです。

そこで、大和かしわに改良を加え、高級鶏肉として普及するため、奈良県畜産試験場で、昭和49年度から5ヵ年計画で研究が取り組まれました。

その後もさらに改良を加えられ、昭和57年に「大和肉鶏」が誕生しました。
大和肉鶏は、その味、血統からも全国に誇れる地鶏であり、奈良県の特産物のひとつなのです。


そんな大和肉鳥と吉野松茸。
b0110629_1942866.jpg

全てが6名様の為に。。

松茸も終盤です。11月初旬をもって終了とさせて頂きます。
そして天然ぼたん鍋、天然ぼたんしゃぶしゃぶの始まりです!!

当たり前だった天然を今も当たり前のように。
高見川の伏流水で炊き上げる御飯。吉野の山々で捕獲した猪や鹿。
透き通る清流で釣れるあまごや鮎。
山々の新緑と共に芽をだす山菜たち。

そんな付加価値の付いた当たり前だった天然食材で皆様のご来店をお待ちしております!
[PR]

by sugigase | 2008-10-27 19:12 | 旬のお料理


<< 食欲の秋。。実りの秋です。。      鹿せんべい飛ばし大会 >>