奈良 東吉野村 自然てんねんうまいもん。 杉ヶ瀬

sugigase.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旬のお料理( 32 )


2008年 06月 20日

鮎が大好きでだいすきでたまらないあなたに♪

b0110629_049766.gif



鮎満喫コース作りました。

◆ 其の壱  『 鮎塩焼きご満悦コース 』コース内容
口付、鮎の背越し、塩焼き(大きさにより5匹~7匹)、小鉢、鮎けんずい、香物、フルーツ



◆ 其の弐  『 鮎の背越しご満悦コース 』コース内容
口付、鮎の背越し(大きさにより5匹~7匹)、塩焼き(1匹)、小鉢、鮎けんずい、香物、フルーツ



◆ 其の参  『 鮎の唐揚ご満悦コース 』
コース内容
口付、鮎の背越し、塩焼き(1匹)、鮎の唐揚(大きさにより5匹~7匹)小鉢、鮎けんずい、香物、フルーツ

お一人様 6500円(税込サ別10%)

あなた好みの鮎料理お召し上がりください。
4名様でご来店でもお一人様づつお好みのコースをお選び頂けます。。
要予約にてお願いいたします。
[PR]

by sugigase | 2008-06-20 01:03 | 旬のお料理
2008年 04月 07日

土鍋とぼたん

杉ヶ瀬では土鍋を使用しております。

土鍋とは、料理に使われる調理食材に熱を加えるための、「鍋」の一つです。
「土鍋」は土で作られた鍋なので、土鍋自身に若干の水を含んだ状態のため火のあたりが大変柔らかくなっていて、保湿能力に優れています。

日本でも土鍋は昔から生活の中に溶け込んでいるもので、で京都の嵐山では、節分の時期にあわせて「焙烙焼き(ほうろくやき)」という土鍋を使った厄払いの行事などもあります。

日本以外の中国や韓国でも、土鍋を使った鍋料理(なべりょうり)」は数多くあり、頻繁に使われています。土鍋には、熱を逃がしにくいという特徴があります。

土鍋の特徴 土鍋は、やや厚みのある鍋で、火にかけて使用する際、火の熱が土鍋の内部にゆっくりと伝わり一度伝わった熱をなかなか逃がさないので冷めにくいという特徴があります。

そのため、弱火でじっくりゆっくり加熱する、煮込み料理などに向いています。
b0110629_16545844.jpg


b0110629_16551735.jpg


1人鍋、2人鍋、そして4人鍋と3種類の土鍋
御飯ももちろん土鍋で炊き込みます。
地元産の米に高見川の天然伏流水です。塩素が入った水は料理に一切使用しておりません。


b0110629_16575949.jpg



そんなホカほかぼたん鍋と山菜やあまご料理いかがですか?

庭の桜も7分咲きでこれから見ごろです!
[PR]

by sugigase | 2008-04-07 17:09 | 旬のお料理
2008年 03月 14日

==YAMATO 鮎倶楽部==

b0110629_12315.gif


天然鮎が食べたい。

そんな鮎が大好きな方の為に。。

きれいな清流で育ち友釣りで釣れた鮎。

きれいな水、きれいな空気。自然満喫。。

仕上げは高見川の伏流水。キンキンに冷えたお水と土鍋で炊き上げた白ごはん。

完全予約制

1日1組限定

天然鮎は匹数予約。

鮎が集まればお知らせします。

杉ヶ瀬から   倭YAMATO  鮎AYU  倶楽部KURABU

6月解禁に向け先行予約はじめます。

b0110629_165131.gif

b0110629_17326.gif

[PR]

by sugigase | 2008-03-14 01:08 | 旬のお料理
2008年 01月 17日

寒い日々が・・・

ここ数日とても寒い日々が・・東吉野でやっと積雪が!
むかしはとても沢山降った物です。
男兄弟で僕は兄貴、そして1つ年下の弟がいました。(^-^)子供の頃は中がよかった記憶もありますが喧嘩した記憶もあります(^-^)
朝起きて窓の外を見ると雪景色、嬉しくて弟とともに小学校へ歩いて向かう。雪玉を作ったり、雪だるまをつくったり。そんな記憶が思い出されます。

近年、ほとんど雪が積もる事はなくなりました。地球温暖化でしょうか?(><)
そんな僕も結婚して2児のおとうさん。僕は寅年、弟は辰年、そしてわが子も虎年、辰年。子供と2回り離れていますが自分の小さい頃を見るようで(^-^)
http://awara1.exblog.jp/
弟のブログです。是非見てあげてくださいね(^-^)


今年も元気いっぱい頑張ります!
冬が過ぎればあまご釣り解禁、そして山々からは山菜が芽を出します。
すべては笑顔の為に・・・

今が旬のぼたん鍋。
吉野の深山で走り回る元気な猪のお肉は最高です!
b0110629_142076.jpg

杉ヶ瀬ホームページ
[PR]

by sugigase | 2008-01-17 01:46 | 旬のお料理
2008年 01月 07日

鹿のお刺身

深吉野の雑木山で取れた雌の鹿のお刺身です(^-^)
鮮度も大切ですがやはり、加工方法です。

血のしたたる鹿のお刺身や色が黒く変色した鹿のお刺身をお召し上がりになられた事がある方も沢山おられると思います。(><)
そういった鹿のお刺身をお召し上がりになられたお客様はこういいます。
『鹿肉は匂いがある。。癖がある。。』

入荷したお肉をそのまま小分けして冷凍保存する。信用できる猟師からきちんと血抜きを行ったと聞き信用して。。その結果、臭みのある鹿刺しやもう二度と食べたくないと思う鹿刺。

間違った方法で加工された鹿刺しはいただけません。

杉ヶ瀬では、専属猟師からきちんとした方法で第一段階の血抜きを行った状態で入荷します。
そして第二段階の血抜き、そして内緒の加工、そして血抜き、内緒の加工といった方法で完全に血抜きをし、血の臭みを完全に抜き取り、お客様にお出しさせて頂いております。
加工方法もお伝えしたいのですが、こればかりは企業秘密ということでご了承下さい(><)

b0110629_14421120.jpg

天然 雌鹿のお刺身

b0110629_14424269.jpg

天然 雌猪のぼたん鍋2人前

ほんまもんの天然料理です。
その為、入荷の状況が日々変わります。天候不順では鮎がつれない日もあります。
猪が取れない日もあります。
せっかくご予約頂いたのに食材が確保できない日もあります。
当方から杉ヶ瀬に足を運び頂くお客様に、満足できない食材で御もてなしすることは出来ません。最高の食材で最高の鮮度で、最高の笑顔でお帰り頂くために。。

ご理解頂けましたら幸いです。

尚、近年の温暖化の影響で東吉野の道路状態ですが、冬の積雪はほとんどありません。
ご宿泊のお客様も道路の凍結はまれにありますが、午後22時~午前7時には完全に溶けて
通常の道路状態になりますので安心してお越しくださいませ(^-^)
[PR]

by sugigase | 2008-01-07 14:52 | 旬のお料理
2008年 01月 07日

天然 真鴨鍋

天然真鴨鍋 2名様のご予約が入りご用意させて頂きました。
今年は真鴨の入荷も厳しい状態ですがお客様の為、無理を言って専属猟師にお願いして入荷しました。

b0110629_14221280.jpg


近年、鴨いって合鴨が鴨とされ売られております。
本来の鴨とは写真のように色や油の乗り具合もまったく違います。
そもそも、アイガモ、合鴨とは鴨類のいない夏の時期にアヒルでは満足できない人間がより野生の真鴨の味を求めてアヒルと真鴨を掛け合わせて作られた雑種であります。
そのため、通常スーパーやデパートなどの食料品売り場で売られている合鴨は身も豚肉のようにピンク色で油も真鴨とはかけ離れたやわらかい白色をしています。

本当の真鴨は油は黄色、身は赤です。

是非、本当の天然真鴨をご賞味頂き、本物の味をお楽しみ下さい(^-^)

b0110629_1432196.jpg

[PR]

by sugigase | 2008-01-07 14:32 | 旬のお料理
2007年 12月 26日

真鴨なべ

b0110629_1244191.jpg

真鴨鍋です。天然の野鳥で1シーズンに捕獲できる羽数が1人の猟師に決められておりますので現在となっては貴重な存在になりつつあります。

散弾銃で撃つと、弾が無数に入り、玉の周辺の肉が焼けてしまい使い物にならなくなります。
杉ヶ瀬で使う真鴨は昔ながらの網での猟で取れた真鴨をご提供させて頂いております!

b0110629_12475683.jpg

そしてなんといってもガラから取れた出し汁!これは本当にコクがあり美味しいですよ!

b0110629_1249776.jpg


そして、杉ヶ瀬の自信。 天然雌猪のぼたんしゃぶしゃぶです。
この油、最高級の雌の猪肉です。
特性胡麻ダレ、特性ポン酢でお召し上がり頂きます。

今日からおせち料理の仕込み開始です。年末年始休まず営業!
今年お世話になった皆様。
そして、たくさんのご来店頂いたお客様、本当にありがとうございました。
来年も新鮮な食材、美味しい料理をたくさん提供できるように頑張って行きたいと思っております。

気軽に立ち寄れる宿、料理だけでなくサービスも充実させて東吉野で楽しいひと時。
美味しいひと時。笑顔あふれる時を過ごせるそんな宿を目指して頑張って行きたいと思います!

b0110629_12572374.jpg

[PR]

by sugigase | 2007-12-26 13:03 | 旬のお料理
2007年 12月 14日

冬の吉野の味♪天然ぼたん鍋コース

今日はとても寒い東吉野です。雪が降りそうな予感です。。

天然ぼたん鍋のコースメニューをご紹介いたします!

b0110629_13462784.gif

■天然雌猪のぼたん鍋 コース 『紅葉』 お一人様 4500円■
(※上記のお献立と内容が変更になる事がございます。)

b0110629_13465150.gif

■天然雌猪のぼたん鍋 コース 『山茶花』 お一人様 5500円■
(※上記のお献立と内容が変更になる事がございます。)

b0110629_13471578.gif

■天然雌猪のぼたん鍋 コース 『秋 宴』 お一人様 6500■
(※上記のお献立と内容が変更になる事がございます。)

杉ヶ瀬のこだわり

杉ヶ瀬では地元台高山脈の雑木林で取れた地元天然いのしし肉のみを使用したぼたん鍋をご提供させて頂いております。
地元猟師から猟期に入るとすぐに新鮮な猪が毎週入荷しております。また天然の鹿肉のお刺身などもご好評頂いております!通常鹿刺身は醤油におろし生姜で臭みを消し食べて頂くというのが当たり前ですが新鮮な鹿肉はポン酢で食べれるほどです
また、近年その保護下に置かれ手に入らなくなりました真鴨を使った天然真鴨鍋もご提供させて頂いております。
毎年入荷数は30羽となっておりますので早めのご予約をお願いいたします。

猪鍋とは?
昔、むかし東吉野から東吉野では猪を捕獲し、冬の食として地元の人々に愛されてきました。猪肉はコラーゲンたっぷりそして何より体が温まる厳しい吉野の冬を乗り越える為の必要不可欠な食べ物でもあります。
そして、何といっても天然ぼたん鍋の出汁。
自家製の麹味噌、1年物の味噌と2年もののお味噌を合わせ、独特の風味、甘み、深い味わいで皆様にご好評頂いております!

美容と健康に猪肉は最高
猪肉は、豚肉や牛肉と比べて、高タンパク、低カロリー・低脂肪で、カルシウムを多く含み、ビタミン含有量も豚肉をはるかに上回る健康食品です。 また、猪肉の脂身の部分には、お肌がぷりぷりになる、「コラーゲン」がたっぷりと含まれています。猪肉は脂身と肉の部分が半々の状態が一番美味しいと言われております。 脂身と言っても、豚肉の脂身とはぜんぜん違い猪肉の脂肪は良質(硬脂)ですので、簡単に熱で溶けたりしませんので、たっぷりと含まれたコラーゲンを逃すことなく、摂取できます。
[PR]

by sugigase | 2007-12-14 13:48 | 旬のお料理
2007年 11月 29日

庭の紅葉もそろそろ冬支度??

朝夕、かなり寒くなってきました。
霜が降りて朝車の窓は凍っています。。

b0110629_1832538.jpg

でかい!加太の天然鯛です。
お祝いの会のご予約を頂きまして用意させていただきました。
大きさも立派ですが値段も立派です。。

b0110629_18352255.jpg

天然雌ぼたん鍋とセットのお料理です。
あまごのお刺身で余ったあまごの頭、皮、骨などは骨せんべいとして。。
カリッと美味しい一品です!

これから週末は忘年会シーズンです。
忙しい日々が続きますが頑張って。。御節料理も12月には。。
100%手作りのおせち料理です。
弐重、三重と地元や関西圏のお客様からご予約を頂いております!
是非ご賞味くださいね!

b0110629_18383054.jpg


b0110629_1838538.jpg


b0110629_18394580.jpg

[PR]

by sugigase | 2007-11-29 18:41 | 旬のお料理
2007年 11月 06日

秋の味覚!吉野の山々も色付いてきました。

b0110629_23595147.jpg

すっかり朝夕が本当に寒くなり、夜空を見上げるたびに、あ~2ヶ月前までは半袖で・・
などと夏の思い出を浮かべながら身にしみる吉野の寒さを感じ、日々感謝の気持ちで過ごそうと思う今日この頃です。(^o^)

11月に入り、天然ぼたん鍋のお客様もお越し頂き、いよいよこれから冬だなぁ~なんて感じながら遠くからお越し頂いたお客様に心から満足していただける様に。。。と。

確かに天然の猪肉は高級牛肉並に高いです。
しかもその中でも雌の猪、そして何よりも大切にするのは射止めてからの加工。
血抜きの方法、手間のかけ方でその猪肉の味が本当に変わります。僕もこの血抜きの方法は知っています。(秘密ですが(^o^))

お一人様 4500円(天然雌猪のぼたん鍋、前菜、ご飯、フルーツ)
お一人様 6000円(天然雌猪のぼたん鍋 秋宴)

こんな田舎まで来て頂ける事に心より感謝。
大阪や奈良市内、東京方面、、本当にありがとうございます。
料理には味、香り、見た目以上に大切なものがあります。心
心がこもった料理には命が宿るかのように食べる人の心を暖め、そして食べる人を幸せにする
自然と笑顔がこぼれまた食べたいと心から思う。

そんな人の心を満たせる料理で皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

そして日本料理には他国の料理にないよさがあります。
季節の食材、季節の器、走り、旬、名残。見て美しい、楽しい、香り、味。盛り付けも味付け以上に大切な技術です。

本膳料理 -江戸時代には本式の日本料理とされた。室町時代から武家の饗応料理として発達した。明治以降衰退した。

精進料理 - 禅寺などの寺で、外来者を持てなすための料理法として発達した。僧が食べているわけではない。

懐石料理 - 茶道から発した料理。コース式に供される。本来は茶を楽しむためのものである。

会席料理 -宴席から発生した、酒を飲みながら味わう料理。料亭で出されるもので、懐石料理のようにコース式に供される。

郷土料理ー日本の地方で古くから食べられてきた料理

こんなに、それ以上に種類があるんです。それだけに奥深さは計り知れません。。


b0110629_0252375.gif


b0110629_0261559.gif


これから東吉野ももっともっと寒くなり、雪なんかも降ったりします。
当方からのお客様には駅までのお迎えも致しております。
天然雌猪のぼたん鍋、ぼたんしゃぶしゃぶ、ぼたん鋤焼でお待ち致しております!
[PR]

by sugigase | 2007-11-06 00:31 | 旬のお料理