奈良 東吉野村 自然てんねんうまいもん。 杉ヶ瀬

sugigase.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 25日

奈良県みやげ物大賞 最優秀賞(大賞)受賞しました!ひのぴ

奈良県みやげ物大賞 最優秀賞(大賞)受賞させていただきました
携帯爪楊枝いれ ひのぴについてご紹介いたします!

b0110629_14102125.jpg


地元の筆職人が丁寧に手作業で1本1本手作りで作製した爪楊枝いれ
そんな爪楊枝入れを杉ヶ瀬であなた好みにデコチェン!そんな世界にたった一つのお土産として誕生いたしました。

どこで売っているの?とよく聞かれます。
販売は杉ヶ瀬のみ。東吉野にお越し下さい。
それは、この商品は量産できない。職人が手作りで頑張っても1日50本作製するのが限界です。何よりも素材となる樹齢200年を超える桧は東吉野の特産品。
日本でも東吉野の桧は有名です。
そんな桧を数ヶ月間乾燥させて作られるのがこのひのぴです。

プレゼントする方の名前。
好きな言葉なんかを書いてあなたにとってたった一つのひのぴを杉ヶ瀬で作ってみてください。

東吉野村のお土産として
そして吉野の思い出として。。
[PR]

by sugigase | 2008-04-25 14:17 | 旅館 杉ヶ瀬
2008年 04月 23日

直して使うという心。


いらなくなったら捨てる。壊れたら捨てる。
そんな時代にいつからなったのでしょうか?食べ物もそうです。賞味期限が切れたら捨てる。
生の魚も賞味期限が切れても焼いたり煮たりあげたりすれば食べる事が出来る。

白御飯も硬くなればおかゆにして食べれる。

壊れた電化製品、修理代金を考えれば買い換えるほうが安い。

そんな時代。

昔、むかし、日本大和の国【奈良】には八百万(やおよろず)の神が住むといわれ、自然や自然現象、身近なものまで、すべてのものに神が宿ると考えられてきました。

些細なものにでさえ、大事にしよう大切にしようという気持ち、全てのものに敬意を払う気持ちがあり、その精神の発露として、得た物への感謝と無駄にすまいとする行動に現れた。
お米の神様、川の神様、山の神様。

昔はあたり前だったリサイクル。リサイクル自体あたらしい事ではなく、あたり前のことであり
日本人が古代から続けてきた自然へのそして物への感謝と敬意だと思います。

b0110629_22275652.jpg


直して使うという心。
物を大切にする心。

金継ぎ。

自分にとって、大切にしていたお道具、使い勝手のいい器など、お気に入りの器が、思わぬ拍子に欠けたりひびが入ったりして、ガッカリしたことはありませんか。

そういう器たちが、再び息を吹きかえすことの出来る修理法です。

金継ぎは、茶道から発展した器の修理法で、漆を使い欠けやひびを繕い、最後に金をまいて仕上げます。

ホツの入った器でお客様をもてなす事は出来ませんが、きちんと繕った器は、器とみなされるルールがあり、見た目も美しく、見て楽しい器に蘇ります。

b0110629_22465245.jpg


杉ヶ瀬では、こんな修理した金継ぎ器も大切に使わせて頂いております。
b0110629_22483870.jpg

(漆に金を振りかけた段階、この後乾燥、真綿で磨きます)

b0110629_2248562.jpg

(漆に金を振りかけた段階、この後乾燥、真綿で磨きます)
[PR]

by sugigase | 2008-04-23 22:51 | 旅館 杉ヶ瀬
2008年 04月 18日

奈良県みやげ物大賞 最優秀賞(大賞)受賞しました!

奈良県観光連盟主催 第1回奈良県観光みやげ物大賞を受賞しました!

b0110629_22174768.jpg


第3回目を迎えるこの賞を受賞できた事を光栄に思います。
樹齢300年をこえる桧の枝は今まで捨てられて来ました。
そんな立派な桧の枝を東吉野の筆職人が爪楊枝入れに加工します。

その加工した爪楊枝いれを杉ヶ瀬でお好みの文字を書き、シールやデコレーションを施す。
世界にたった一つの自分だけのみやげ物。

昔、シルクロードを経て仏教がはじめて奈良に伝わってきました。
その時代、虫歯が原因で亡くなる人達が絶えず、お釈迦さまが弟子達に歯をきれいにしておくようにと木の枝を与えたとされております。
その木の枝がやがて今の爪楊枝となりました。

そんな爪楊枝を現在携帯できるケース、そして自分でデコレーションできおみやげ物として考案しましたのが爪楊枝入れ ひのぴ です。
女性の方でもお手軽にお持ちいただけます!
写真とは別に携帯ストラップタイプもあります!


今日は奈良県庁の記者クラブにて杉ヶ瀬の若女将がプレス発表してきました。

是非、杉ヶ瀬にお越しの際は、ひのぴを自分色に仕上げてみてくださいね!
名前を入れるのもいいし、プレゼントする方の名前なども喜ばれる事と思います。

b0110629_2231722.jpg

撮影 (奈良県庁 記者クラブ室内にて)
[PR]

by sugigase | 2008-04-18 22:36 | 旅館 杉ヶ瀬
2008年 04月 16日

おろそかになりすみません(^^;)

庭のソメイヨシノも散りかけて、変りに山桜が満開です(^-^)
次にはぼたん桜、そして庭の紅葉が新緑となります。
季節が肌、そして目で変わり行く姿は自然の中で暮らす幸せでしょうか?

b0110629_21495427.jpg

木の芽も出始めました。
b0110629_21501643.jpg

山蕗もそろそろですね!

4月に入りとても忙しい毎日が続き、料理作りに頑張っており、更新が遅れまして申し訳ありませんでした。
少し手が空きますのでどんどん更新していきますね!

本日も大阪、名古屋、広島からのお客様です。
当旅館はそんなに大き旅館でもありません。ただ、遠くからこの東吉野の地まで足を運び
きて頂くお客様に精一杯のおもてなしでお迎えしたい。
料理もとびっきり美味しい地元の食材でそして、ピチピチの新鮮な魚、肉でおもてなししたい。
そんな気持ちでお客様をお迎え致しております。

あったかいサービス、あったかい料理、暖かい笑顔。
暖かい宿で皆様をお待ち致しております(^-^)

b0110629_2213867.jpg

テラスから山桜のライトアップです。

b0110629_222951.jpg

旅館玄関先にあるつつじです。樹齢はおよそ300年。
旅館を立てる前は江戸時代からありました茶室の庭です。その為、庭の木々は樹齢300年をこえるものがほとんどです。
[PR]

by sugigase | 2008-04-16 22:03 | 自然
2008年 04月 07日

土鍋とぼたん

杉ヶ瀬では土鍋を使用しております。

土鍋とは、料理に使われる調理食材に熱を加えるための、「鍋」の一つです。
「土鍋」は土で作られた鍋なので、土鍋自身に若干の水を含んだ状態のため火のあたりが大変柔らかくなっていて、保湿能力に優れています。

日本でも土鍋は昔から生活の中に溶け込んでいるもので、で京都の嵐山では、節分の時期にあわせて「焙烙焼き(ほうろくやき)」という土鍋を使った厄払いの行事などもあります。

日本以外の中国や韓国でも、土鍋を使った鍋料理(なべりょうり)」は数多くあり、頻繁に使われています。土鍋には、熱を逃がしにくいという特徴があります。

土鍋の特徴 土鍋は、やや厚みのある鍋で、火にかけて使用する際、火の熱が土鍋の内部にゆっくりと伝わり一度伝わった熱をなかなか逃がさないので冷めにくいという特徴があります。

そのため、弱火でじっくりゆっくり加熱する、煮込み料理などに向いています。
b0110629_16545844.jpg


b0110629_16551735.jpg


1人鍋、2人鍋、そして4人鍋と3種類の土鍋
御飯ももちろん土鍋で炊き込みます。
地元産の米に高見川の天然伏流水です。塩素が入った水は料理に一切使用しておりません。


b0110629_16575949.jpg



そんなホカほかぼたん鍋と山菜やあまご料理いかがですか?

庭の桜も7分咲きでこれから見ごろです!
[PR]

by sugigase | 2008-04-07 17:09 | 旬のお料理